★生命保険の商品を比較する上で注意したいこと・気をつけたいことを考えてみた!!★

生命保険は、加入者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われる商品で、多くの種類の商品が販売されています。そこで各生命保険を比較する際に注意しておきたいことや、気をつけたいポイントを今回は紹介していきたいと思います。まず重要なのは保障期間です。老後の生活も踏まえて一生涯保障したい人は終身タイプがおすすめです。また、子供が独立するまで、あるいは介護など発生する期間など限定して保障したい人は定期タイプの生命保険を選びましょう。したがって、一生涯の保障を求めている人が定期タイプの商品を探す必要がないので、終身タイプに絞って生命保険を比較することでより効率的に商品をチェックすることができます。同じように、貯蓄性の可否でも生命保険を比較する際のポイントが変わってきます。掛け捨てタイプの生命保険は払い込んだ保険料は戻ってきませんが、その分毎月の保険料が安くなります。いっぽう、貯蓄性の生命保険は支払保険期間が満了した後に解約すれば、支払った以上の金額が戻ってくる分、毎月の保険料負担が高くなってしまいます。したがって、保険料を安く抑えたい人は、各社の掛け捨てタイプの生命保険を比較し、貯蓄性がある生命保険が良い人は、各社の解約返戻金ありの生命保険を比較すると良いでしょう。また、生命保険の保障額を設計する際は、家族構成やライフステージを加味して必要となるお金を計算するようにしましょう。なかには、最低限の保障は終身タイプで一生涯かけておき、一定期間だけ手厚く保障するために定期を追加でかけておくなど、終身と定期を上手く組み合わせることで保険料を抑えつつ、保障を充実させることが可能な設計方法もあります。

生命保険比較はコチラ

URL:xn--nckg3oobb4958b10g0v2cxqr2f3dtfr.biz

★女性保険を正しく理解して、将来の自分・家族のためにしっかりと備えましょう!!★

女性保険って必要ですか?っという声を良く耳にしますが、もちろん加入しておいて無駄な保険なんてありません。ただし、正しく商品を理解して加入することで、適切な保険料で過不足の無い保障を受けることが可能になります。女性保険は、通常の医療保険に比べて女性特有の病気や疾病を手厚く保障してくれるメリットがあり、入院給付金や手術給付金などは通常の場合よりも2倍ほど上乗せされるため、経済的心配をせずにより治療に専念することができます。なぜ、男性専用の保険が無く、女性専用の保険があると言うと、女性は妊娠や出産を経験するため、男性よりも入院を伴うリスクが高くなってしまうからです。また、乳がんや子宮頸がんなど女性特有の罹患率のたかい病気も多いため、万が一に備えて十分に保障しておく必要があるからです。女性保険に加入していれば、そんな女性特有の様々なリスクにも備えられるため、いざという場合も安心です。そんな女性保険ですが、加入するならぜひ妊娠する前の独身時代がおすすめです。これは、もし妊娠中に切迫流産になったり、帝王切開によって出産したりした場合は、次に出産を経験する際に正常分娩以外は保障されない「特定部位の不担保」になる可能性が高いからです。多くの人は、心配ないと思うかもしれませんが、現在は6人に1人の妊婦さんが帝王切開で出産を行っているデータが厚生労働省から公表されています。したがって、将来、出産を考えている女性はできるだけ早い段階から保険に加入しておくことをおすすめします。若いうちから加入すれば、毎月の保険料を抑えることも可能なのでこの機会にぜひ検討してみてください。

★持病保険を検討する際に注意しておきたいこと!失敗しない保険選び!!★

持病保険は、最近テレビCMなどでよく見かける「持病があっても入れます」というキャッチコピーが有名な引受基準緩和型の保険です。通常の医療保険よりも簡易的な告知診査にすることで、持病があっても入りやすい保険となっており、最近多くの保険会社から販売されるようになりました。大病を患った人ほど、保険の重要性を深く理解していると言われますが、持病保険に加入する際は注意しておきたいことがあります。まず、持病保険は、通常の医療保険よりも月々の保険料が割高です。これは、保険は、加入者がお互いにお金を出し合って助け合う相互扶助の精神で成り立っているため、健康な人と公正を期すためにリスクの高い持病がある人は、その分保険料が高くなっているのです。次に、持病がある人、あるいは過去に大病を患った人でも通常の医療保険に加入できるかもしれないということです。これは、保険会社によって、引受基準の設定が異なっているため、A社では加入を拒絶されても、B社では加入できるかもしれません。したがって、保険に加入してもしもの場合に備えたい人は、まずは一般の医療保険への加入を検討しましょう。それでもダメだった場合は、引受基準が緩い持病保険に加入することをおすすめします。持病保険は通常の医療保険よりも割高ですが、持病が原因による入院・手術も保障対象となっているので安心です。ただし、契約日から一定期間は保障が減額されるなどの制限もあるため、事前にしっかりと理解しておきましょう。持病保険も各保険会社によって、保険料や保障条件が様々なので、まずは各社の特徴や条件を確認することが重要です。

★治験モニターってアルバイトではなくボランティアって知っていましたか?★

治験とは、医薬品などを製薬会社が有効性を立証するために行う臨床試験のことを言います。つまり、新薬などを販売するために、事前に健康な人や患者さんの協力の下で実際に薬を服用してもらい、有効性と安全性を調べて、厚生労働省から正式に認可を得るために行われます。治験はよくアルバイト感覚でモニターに参加する人が多くいますが、実際はボランティアという概念になります。これは、新薬や国内での未認可医薬品の成分をテストするために任意で協力してくれる人のことをさすからです。治験に参加しその新薬が認可されることで、患者さんの症状を改善・治療できるきっかけとなる社会貢献の要素が大きい活動です。したがって、治験に参加すると報酬がもらえますが、これは負担軽減費といって参加者の時間的拘束や交通費などの負担を軽減する目的で支払われる治験協力費となっています。相場は1日15,000円程度ですが、拘束時間や検査内容によって異なっており、なかには高額な報酬もらえる治験プログラムもあります。アルバイトの給料などと名目が異なるため、報酬額から所得税や社会保険料が控除されることもないので、満額もらうことが可能です。したがって、報酬額も高く検査も採血など簡単な項目が多いため、時間的余裕がある学生や主婦を中心に多くの人が参加しています。最近では化粧品や特定健康保健食品などの治験モニター募集も増加しており、未発売の高品質な化粧水や健康食品が利用できるとあって、女性も多く参加されています。報酬ももらえて、社会貢献にもつながる一石二鳥の治験プログラムに一度参加してみてはいかがでしょうか?